生命保険の疑問はここで解決!

生命保険のシステムは支払いの予測をして保険料を決める

生命保険のシステムは支払いの予測をして保険料を決める 生命保険は契約した人が毎月決まった額の保険料を支払い、それを元手にして保険会社が活動し、契約者に万が一のことがあった際に契約に応じた金額が供給されるといった「相互扶助」という仕組みによって成り立っています。
しかし契約者が払ったお金が再び契約者に支払われるなら、生命保険会社の活動資金はなくなってしまうんじゃないかと思われる方がいるかもしれません。
ですがこれらは膨大なデータによる支払い予測によってバランスがとられているのです。
簡単にいうと契約した人が貰うお金より、払うお金の方が全体的には多くなっています。
たとえば毎年の死亡者数や事故件数といったデータから、その年に支払うであろう金額を予測し、それよりも多く保険金を払ってもらうのです。
ずるいと思うかもしれませんが保険会社も慈善事業としてやっているわけではありませんし、必要な際にまとまったお金を用意する手段は限られているのでメリットとデメリットをよく吟味してから加入を検討しましょう。

生命保険のシステムは状況が悪化すると一部内容が変更される

生命保険のシステムは状況が悪化すると一部内容が変更される 生命保険の健全性を示す指標としてソルベンシー・マージン比率を用いることがよくあります。
これは、通常の予測を超えたリスクに対する支払い余力がどの程度あるのかを判断するものですが、この数値が高いほど保険会社の安全性が高いものとされます。
生命保険は預貯金と違い、預金保険機構で守られているように1,000万円まで補償するものではありません。
過去、いくつかの生命保険会社が破綻したときには、契約者に応分の負担が強いられ満期保険金が減額されたり保障内容が変更されたり契約者に不利になったことも確かにありました。
しかし保険会社の経営が破綻した場合、契約がすべてなくなるわけではありませんので安心して下さい。
生命保険契約者保護機構により一定の契約者保護が図られます。
この保護機構は、国内で営業を行うすべての保険会社が加入していて万が一破綻した場合、破綻した会社の契約を引き継ぐ承継保険会社や救済保険会社に対して資金援助を行うこととなっています。